Filter

      ARTIST suma

      【プロフィール】

      絵画・平面作品を制作するsumaの作品は、いくつものイメージと情報がレイヤーとして複雑に重なりながら構成されている。薄く削ったベニヤ板の上にシルクスクリーンで新聞やチラシを印刷し、その上にポップな動物のモチーフを描いていく遊び心たっぷりの作風は、絵を描くことが大好きだっという幼少期、祖母とともに新聞にクレヨンでお絵描き遊びをしていた記憶とつながっているという。

       

      新聞やチラシというものは、分かりやすい日常のメタファーだ。地域の小さな出来事から社会の重大事件まで、日々の有象無象の情報が印刷されているいわば人間が生きる痕跡だ。にもかかわらず、何気ない日常が往々にしてそうであるように、とくに大切にされることもなく日々消費されていく。じっくり読まれることさえないまま。

      ポップにデフォルメされた動物や文字の表現は、海外アニメーションやグラフィティーなどsuma自身が親しんできたものとリンクしているという。

      強いメッセージを大々的に謳うより、身近にあるものや世の中の流れを切り取って、大衆にとって親しみやすいものとして提示することで何かを感じ取ってもらいたいという姿勢の表れだ。

       

      新聞やチラシの内容と描かれている動物には、よくよく見るとつながるところがあり、社会に対する皮肉やメッセージが仕込まれている。しかし、sumaは作品をよく見て考察することを強要しない。何気なく作品を見たときの「ポップで可愛い動物の絵」という印象もまた作品の持っている要素であり、無意識に人々が共有している動物の姿として真実であるからだ。彼が大切にしているチャップリンの言葉に「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である」という一節がある。動物や人間の本質も同じで、遠くから見れば可愛く楽しく素敵に見えるが、近づいてみるとグロテスクな一面が見えてくる。

      近くで見るか遠くで見るかは、鑑賞者自身に委ねられている。

       

      1998 北海道札幌市生まれ

      2021 沖縄県立芸術大学美術工芸学部美術科絵画専攻油画コース 卒業

      2023 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻版画修士 在籍

       

      2022 suma Exhibition”Stand By Me”(Contemporary Tokyo)

      2022 suma Exhibition"TITLE ROLE"(RISE GALLERY)

      2023 suma Exhibition"身近な表象"(DDDART-苑-)

       

      2023 JINGART (北京展覧館)

      2022 二次元派展 (代官山ヒルサイドフォーラム)

      2022 KUMA EXHIBITION2022 (ANB Tokyo)

      2022 BEYOND 〈JAPAN MODERN ART EXHIBION〉(333gallery)

      2021 「SHIBUYA STYLE vol.15」(西武渋谷店)

       

       

      2 products
      スタッフに相談する
      +ARTでは公式LINEにてアート相談や購入相談を承っております。
      購入に不安な方やお探しの作品があればお気軽にお問い合わせください!

      Contact us