【作家紹介】鈴木 潤


“SYNESTHESIA” アーティストの鈴木潤さんの紹介です。

 

 

 

鈴木 潤

 

【経歴】

宮城県出身
陶芸家の父の影響から幼い頃から様々なアートに触れ、2014年に東京に移住し趣味で描いていたボールペン画を本格的にスタートさせる。
2020年からアクリルのペインティングも初め、生と死、愛、ポジティブなメッセージなどを表現し、鑑賞者や未来を生きる人々との心の繋がりができたらと素直に望む。
【主な展覧会】
個展
2021年 「Jun Suzuki Solo Exhibition」(gallery TOWED,東京)
             
「between the arts× 新都市生活研究所」
              (パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー)
2022年 
「INSIDE」Jun Suzuki Solo Exhibition
          
(MEDEL GALLEY SHU,東京)


グループ展

2019年「細密画展」(clouds_art_coffee,東京)
2020年「How Low? 」展(THE blank GALLERY,東京)
            「100人10」(馬喰町ログズビル,東京)
2021年「independenttokyo2021」(東京ポートシティ竹芝,東京)
            「調律」展(between the arts gallery,東京)
            「ART&ART」(石川画廊,東京)
            「artworks NAGOYA」(国際デザインセンター デザインギャラリー,名古屋)
2022年 「EMOTION」(石川画廊,東京)
受賞歴
2014年 PONTOON“装画”コンペティションvol.13 準入賞
2020年 100人10 入選





【作品】

 

 

LOVE #10

 

 

Acrylic on Canvas
H410×W530×63(mm)
2022 

 

LOVEの文字の背景には様々な感情を持つ生き物たちが、愛し合しあったり、無邪気な様子が描かれています。

自分自身が絵を描く事が楽しいと思える気持ちはとても大切で、生み出した作品への愛情が詰まっているシンプルな思いがあります。
生きていく中で誰かを愛する事、何かを愛する事の大切さを表現しています。

作品を通して愛が存在するポジティブなメッセージを発信し、現在、未来を生きる人々に思いを届けたいと考えています。

 

  

 

 

VOICE #3

 

Acrylic on Canvas
H410×W530×63(mm)
2022 

誰でも簡単に情報を発信できる時代、日常の中には様々な「声」が溢れている。
沢山の声に耳を傾ける事よって、心が救われる事もあれば、ただ人を傷つけているだけの発言を耳にする事も。

「VOICE」の文字の背景からは様々な感情を持った生き物達が発する沢山の声が飛び交っています。
作品を通して混沌とした時代に発せられる沢山の「声」を表現し、ポジティブな声が響き渡る世界になっていく事への願いを込めました。

 

 

 

  

 

Purple Marilyn

 

Acrylic on Canvas
H727×W606×25(mm)
2022 

 

 

アプロプリエーションという手法を使い、慣れ親しまれた人物を独自のフィルターを通し表現した「自由」をテーマにした作品です。

小さな生き物たちが一つ一つの細胞となりメインモチーフに埋め尽くされていく。
メインモチーフと脳内から放たれた生き物たちはあえてリンクさせておらず、作品の意味を一つに絞らない自由な世界を構築しています。

沢山の要素が含まれた表現をする事で化学反応が生まれ、考察が広がり、鑑賞者独自の自由な物語が生まれるのではないかと考えています。

  

鈴木 潤さんの作品一覧▽
https://pls-art-shop.com/collections/suzuki_jyun


———————————————— 

 

 【展示風景】

近くに寄って見ると非常に細かいモチーフがびっしり並んでいます!
ぜひ会場でじっくりご覧ください

————————————————

 【スタッフコメント】

一見、柄のように見える背景ですがよく見ると、個性的で可愛らしい生き物たちが満遍なく描かれています✨生き物たちの表情や動きは、一つ一つ異なっていて見ていて作品に込められたメッセージを考えることが楽しい作品です!どの作品も文字やイラストと生き物たちのバランスが絶妙で、とても見やすくまとまりがあります!ぜひ、会場で生き物たちを観察してみてください!

(茂木)

 

【展示会情報】

“SYNESTHESIA”

本展示は、ご覧いただく皆様にアートを通して感性のアップデートや新しい価値観の醸成に繋げて頂くことを目的として、多様性のある10名の気鋭アーティストにお集まりいただきました。展示タイトルにある"SYNESTHESIA(シナスタジア)"とは文字や音に色を感じたり、味や匂いに形を感じたりする感覚を意味しています。10名のアーティスト達が織りなす多様な表現から、皆様の中にある何かと出会うきっかけになれたら嬉しく思っております。

 

 

▼出展作家

neuronoabuggy杉本憲一清水智裕IKU→

オオタキヨオ足立真輝ナカムラトヲルサワダモコ |鈴木潤

 

※在廊日は各作家様のSNSをご参照ください。

 

営業時間:2022年10月31日(月)〜11月13日(日)10:00 - 21:00

※新型コロナウイルスの影響で営業時間変更の可能性あります。随時公式ホームページよりご確認ください。

 

入場:無料

会場:+ART GALLERY

 

開催概要:https://neuronoa.com/exhibition/synesthesia4/

 

住所:渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン 14F 

(150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目24−12)

 

アクセス:JR 渋谷駅(山手線・湘南新宿線) 、東京メトロ 渋谷駅(副都心線・半蔵門線・銀座線)、東急線渋谷駅(東横線、田園都市線)より各30秒〜1分程度

 

作品は購入可能で、期間中ネットでも販売!

+ART Online Store:https://pls-art-shop.com/

【作家紹介】鈴木 潤