冨永ボンド|アーティスト名鑑

現代アーティスト・冨永ボンドさんをご紹介します。

 

<目次>

1.プロフィール紹介

2.作品紹介

3.おすすめポイント

4.その他参考サイト



1.プロフィール紹介

作家名:冨永ボンド

プロフィール:

世界で唯一、木工用ボンドを使って描く画家。1983年生。福岡市出身、佐賀県多久市在住。創作テーマは「つなぐ、つくる」。絵画のライブ創作を通して、自由に絵を描くことの楽しみをより多くの人へ伝え、日本社会の日常に心と生活の豊かさを創ることが作家活動の目的。人と人をつなぐことがボンドアートの役割のため、抽象的な画のモチーフは全て人間である。

 

2.作品紹介

冨永ボンドさんの作品には全てボンドが使用されており、ギラギラとしたカラーと盛り上がったボンドの太い線は一際強いオーラを放ちます。

 

3.おすすめポイント

 

黒く艶やかなボンドで作られた彼のボンドアート作品を飾れば、間違いなくその空間にアクセントをもたらし、パワーを与えてくれます。

力強く、また「人と絵をつなぐ」をテーマにした彼の絵は、確かに見る人の心をグッと引き込んで、文字通り「つながってい」る感覚を感じます。

 

4.その他情報・参考サイト・メディア

・冨永ボンドHP

https://www.bondgraphics.com/profile

・Instagram
https://www.instagram.com/bondgraphics/

 

  ※本記事は、作家紹介を弊社で独自でまとめ、加工・編集のもとご紹介させていただいており、+ART GALLERYに所属する作家ではございません。

冨永ボンド|アーティスト名鑑