大東真也|アーティスト名鑑

現代アーティスト・大東真也さんをご紹介します。

 

<目次>

1.プロフィール紹介

2.作品紹介

3.おすすめポイント

4.その他参考サイト



1.プロフィール紹介

作家名:大東真也

プロフィール:

1995年  滋賀県生まれ
2018年 京都精華大学 芸術学部 造形学科 立体造形コース卒業
2019年 京都精華大学大学院博士前期課程芸術研究科立体領域在学中

私はガラスに熱を与えると変形するという性質と、重力を利用してガラス瓶の形を変形させて作品制作を行っている。

変形させる際に窯を使用している。

 

近年の展示

2019年 六甲ミーツアート (六甲山周辺)
2019年 untamed vol.1(COHJU contemporary art・京都)
2020年 Kyoto Art for Tomorrow 2020 ―京都府新鋭選抜展―(京都文化博物館・京都)
2020年 A-LAB Artist Gate 2020 (あまらぶアートラボ「A-Lab」・兵庫)
2020年 ウィルヘルミーの吊り板(MEDIA SHOPgallery2・京都)
2021年 間を抜く、或いは(両足院【建仁寺内】・京都)
2021年 Time/Age(ZAB GALLERY 東京)
2022年 Kyoto Art for Tomorrow 2022 ―京都府新鋭選抜展―

 

2.作品紹介

人の体のフォルムに例えられたりするが無機質な工業製品のガラス瓶が、窯という第三者の介入することの出来ない宙空間で自然の摂理に従って偶然的に変形することにより、生命が宿ったかのように有機的で生命感を感じる姿となって生まれ変わる。

もう元々の使用方法では使用することの出来ないまでに違う物へ生まれ変わらすことによって、新しい視点を表現している。

1450×1450mm

 

3.おすすめポイント

 

 大東真也さんのガラス作品は変形を重ねていて、それが軽やかかつ美しい線のリズムを楽しむことができます。

どのような空間にも馴染んでいく美しいガラス作品です。またライトのような光が、作品のエネルギーを感じることができます。

 

4.その他情報・参考サイト・メディア

 

https://masaya-daito.amebaownd.com/

 

  ※本記事は、作家紹介を弊社で独自でまとめ、加工・編集のもとご紹介させていただいており、+ART GALLERYに所属する作家ではございません。

大東真也|アーティスト名鑑