熊倉 涼子 / Ryoko KUMAKURA

1991年東京生まれ。2014年に多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業。現在、東京を拠点に活動している。
歴史の中で人々が世界を理解しようとする過程で生まれたイメージを元に、絵画を制作。あるひとつの事柄に対して多面的な視点で図像を集め、それを元に作品を構成している。そのようにして同じものに関する性質の異なるイメージを等価に扱うことで、正しさの脆さを提示する。また、写実的な描写や落書きのような線などの複数の描写法を混ぜたり、画中画やだまし絵の手法を用いることで、視覚的にも揺さぶりをかけ、目に見えるものとは何かを問う作品を制作している。
主な展示に2019年 個展「coniunctio」(帝国ホテルプラザMEDEL GALLERY SHU/東京)、2018年 個展「Pseudomer」(RED AND BLUE GALLERY/東京)、2018年「DI-VISION/0」熊倉涼子・永井天陽二人展(TAV GALLERY/東京)など。2019年「群馬青年ビエンナーレ」に入選。

1991 東京都生まれ
2014 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業

受賞、その他
2019 群馬青年ビエンナーレ 入選
2017 FACE2017 損保ジャパン日本興亜美術賞 入選
2014 多摩美術大学卒業制作展 福沢一郎賞
2013 平成25年度 日本文化藝術財団奨学生
2011 第47回神奈川県美術賞 準大賞受賞


個展
2019「coniunctio」MEDEL GALLERY SHU(帝国ホテルプラザ)、東京
2018「Pseudomer」RED AND BLUE GALLERY、東京
2016「PICTOMANCY」RED AND BLUE GALLERY、東京
2013「Frame In-out」 GALLERY KINGYO、東京


グループ展
2021「Everything But…」Tokyo International Gallery、東京
   「MITSUKOSHI Art Weeks」日本橋三越、東京
2019「STATION! in PACK 2019」Post Territory Ujeongguk、ソウル
   「MID CORE」TAV GALLERY、東京
2018「DI-VISION/0」TAV GALLERY、東京
   「ANOTHER LENS 新たな視点」JR上野駅Breakステーションギャラリー、東京
2017「密柑山スケッチブック」(リトグラフ展) See Saw Gallery +hibit、名古屋
   「そ」(日本文化藝術財団奨学生展) 京都造形芸術大学・東北芸術工科大学外苑キャ
ンパス、東京
2016「吉原芸術大サービス」旧吉原地区にて、東京
2015「シブヤスタイル vol.9」西武渋谷店美術画廊、東京
   「シブカル祭。2015」パルコミュージアム、東京
   「ASIA WEEK NEW YORK」Bernarducci Meisel Gallery、ニューヨーク
2014「PLANET JAM」MASATAKA CONTEMPORARY、東京
   「That I shall say good night till it be morrow.」新宿眼科画廊、東京

Close

気軽にお電話/メールください

気になるアート作品やグッズに関する詳細のご希望や、額装・証明書などに関するお問い合わせはお気軽にご連絡ください。

プラスアート
お問い合わせ窓口係
070-3540-2511
info@pls-art.com

ご到着日は個別にご連絡

ご購入がございましたら、作家と1人づつと丁寧なコミュニケーションを取り、お客様に最適な納品を検討します。作品/商品によって、納品日(ご到着日)が異なりますが、追ってご連絡いたします。

作家とのコラボに関して

掲載作家さまとのコラボレーション(パッケージ、企画、展示など)に関してのお問い合わせは大歓迎です。まずは、どんな内容でもご相談してください。